立場によって異なる適切な忘年会での挨拶

アンドモワの忘年会について

忘年会シーズンになると、アンドモワはじめ至る所で飲み会が行われる状況を迎えます。

友人同士ならば特に気にすることもありませんが、会社の忘年会となるとそうもいきません。

挨拶も求められることが多く、上司や先輩を前にして下手なことは言わないようにしておくのが無難です。

弱気なことを言えば怒られ、強気なことを言えば実現性を疑われるなど実に繊細なものです。

新入社員や若手社員だけではありません。

中堅社員や中間管理職なども同じようにプレッシャーがかかります。

立場によって言うべき挨拶が大きく変わります。

もし新人が挨拶をする場合、新人らしさを挨拶に含めれば問題ありません。

日ごろからの感謝の気持ちを述べて、これから先も長い付き合いをお願いするような形にすれば大丈夫です。

若いうちはあまりウケを狙うような挨拶は狙わないことをおすすめします。

理由として新人をどこかのタイミングで怒りたいと思っている人が意外と多いためです。

もちろん成長してほしいとか今の状況に不満を感じているからこそであり、何か気に食わないから怒るような幼稚なことはしません。

ただ、お前のそういうところがダメなんだということを言いたい人は多いです。

アンドモワ居酒屋の雰囲気

特に言われがちなのは、根拠のない自信を見せるときです。

実現性に乏しいことを言ったら、お前のそういう自信過剰なところが危ういんだと説教されることが多いです。

逆に現実的なことを言っても、お前は弱気だからダメだと怒られることもあります。

またウケを狙いにいけば、空気が読めないところが気に入らないとも言われてしまいます。

一方で感謝の気持ちを述べて、本当に感謝しているのかと思われることはあっても感謝しすぎることに嫌悪感を覚える人は少ないです。

いずれにしても、感謝の気持ちを本心で喋ることを心がければ新人のうちはそれで十分です。

部下を抱え始め、主任などのちょっとした役職に就いた中堅に差し掛かった社員は多少余裕のあるところを見せないといけません。

新人のときは咎められやすかった根拠のない自信を言っても、実績がある程度あるため特に何も言われなくなります。

それぐらいの気持ちで頑張るというのが伝わりやすいためです。

そして、若手社員がこの先輩についていきたいと思わせる挨拶をすることで人望のある社員へ成長します。

元気いっぱいに場を明るくするようなことを言い、力強く語ることをすればとても聞いていて気持ちのいい挨拶です。

忘年会は1年を締めくくるイベントです。

この1年間を振り返り、何があったかを自分ながらに思い出してそれを挨拶にするのが自然なやり方です。

新入社員や中途採用の人は入社してからこれまでのことを語れば大丈夫であり、途中で役職に就いた人はその役職に関することを語れば様になります。

課長や部長などの役職の人も同じです。

部下を労い、これからもよりいっそう頑張れるようにという気持ちをこめればしっかりと聞いてくれます。

同僚を労いながらも来年に向けて意気込みをぶつけていくのが役職のある人の挨拶として大事です。

アンドモワ居酒屋のキャンペーン情報も

その立場によって何を語るべきかが全く違うことは明らかです。

結局、同じ同僚でありながら置かれている立場は全く違うためです。

社長であれば社員を養って更なる成長を考える立場です。

その社長が弱気だったり、見通しがついていなかったりすれば社員が戸惑います。

忘年会の挨拶では強気の部分を見せて来年に向けて気合が入るようなことを言えばかなり盛り上がります。

社長の挨拶を盛り上げるのは中堅に差し掛かった社員が望ましいです。

課長や部長が盛り上げようとすると太鼓持ちになりやすく、新人がそれをやれば軽く思われるからです。

気になるのは順番です。

締めを社長が行うとして、トップバッターはやはり中堅に差し掛かった社員が行います。

ここで勢いをつけて新人に回し、ベテラン社員が行って課長や部長が務めます。

いきなり新人がやってしまうと、変な空気のまま挨拶を行うような状態になりがちです。

最初に勢いをつけて、その勢いに新人が乗るというのが無難な流れです。

また実際に挨拶を求める場合は即興でやってもらうのではなく、事前に伝えておくことが大切です。

考えがまとまらずぐちゃぐちゃな挨拶をされないようにするためです。

乾杯の挨拶はその場で一番目上の人が行うのが無難です。

若手社員が今日は楽しみましょうと気勢を上げるのもいいですが、会社の集まりでもあるため顔を立てる意味で課長や部長などにお願いするのが一番です。

ここでの挨拶はコンパクトで十分であり、今年一年の労いと感謝に加えて今日は楽しみましょうという意味合いをこめたものでまとめられます。

職場での立ち位置でするべき挨拶が変化することを多くの人は知るべきです。

そして、その中で自分の気持ちをコンパクトに伝えることが求められます。

また会社の社風なども大きく影響するため、社風的に受け入れられる挨拶を心がけることも非常に重要です。

 

アンドモワの歓送迎会キャンペーン