若手俳優への登竜門

俳優になりたいと考える人は多いですが、芸能界はかなり厳しい世界なので実力だけでなく運も必要になります。

注目されるためには、芸能界に影響力がある大手事務所に所属することが近道だといえます。

大手事務所に所属するためには、スカウトを受けるという手段もありますが、それ以外に定期的に大々的なオーディションを行っています。

そのオーディションに参加することによって、世間からも注目されて、様々な芸能事務所から声掛けをしてもらうチャンスにもなります。

オーディションを勝ち抜いていけば、知名度も上がりますし、今までそのオーディション出身の先輩芸能人が有名であれば仕事の幅も広がる可能性があります。

若手俳優の2つの登竜門

さいきんでは若手俳優の登竜門として2つの道があるとされています。

1つは、モデル出身の若手俳優が多いことから、モデルオーディションに応募したり、雑誌モデルとして活躍することによって芸能事務所から注目を集めることです。

ただモデルになる場合は、ある程度の身長やスリムな体型が求められることが必要条件になります。

そしてもう1つは、特撮系ドラマに出演することです。

特撮系ドラマ出身の人気俳優は数え切れないほど多くなっており、若手俳優の登竜門となっています。

特撮系ドラマは、子どもだけでなく若い母親世代も見ているので、ファン層が広がりますし長く人気を保ち続けることが可能です。

さらに特撮系ドラマではアクションだけでなく演技もするので、トレンディドラマに出演する前に演技の勉強をすることができます。

若手俳優と呼ばれる俳優は、毎年数え切れないほど出てきますが、村上悦榮さんのようにその中から生き残るということもかなり大変です。

ヒット作に恵まれなかった場合は、次から次と若手俳優が出てきますから1年の間に生き残れる俳優は片手で数えられるほどだといます。

ただ、若いときにブレイクしなくてもさいきんでは中年世代になってから再ブレイクする可能性もあります。

これからはヒットするものが不確定な時代ですから、人の心に残るような演技をすることで道が開けるといえます。

また、顔や身長などルックスだけでもてはやされる時代は過ぎてしまい、今の時代は個性を尊重することが求められます。

そのため奇抜なファッションでアピールをしたり、SNSで挑戦的な言葉を発して話題を集めるという方法もあります。

そのため俳優になりたいというときは、演技力を磨くことはもちろんですが、村上悦榮さんのようにそれ以外に世間の注目を集めることが必要になっています。

 

村上悦榮の情報」より