音大で得られる事

音大に行くことで得られるものとは?

音大に行くことで得られるものはさまざまなものがあります。

特にこれからのネット社会ではさまざまに活用することが出来る技術や経験、そして仲間を得ることが出来るようになるのでその価値は計り知れないものがあると考えていいでしょう。

特に良いことは自分を表現できるものが獲得できるということで、自分やイメージを音にして表現するというのはとても効率的かつ人から喜ばれることでもあります。

身近なようでいて学ばないとそれを使うことが出来ないので音大に行く意味が大きな物となるわけです。

人は古来から音とともに暮らしをして来ました。

敵が来ることもまず音で察知をして音のする方向を見るということをし、音の強弱や音程などから敵の様子を探るということをして来たので、音の情報については真っ先に脳が処理をするということをするわけです。

最優先事項として脳が判断し記憶にも留めておくので忘れにくくて覚えやすいというのが人の音に対する認識となります。

これがいかに大きな事なのかという事は今の人の暮らしを見てもわかるでしょう。

音だけで人のイメージは大きく変わっていくことがこのことを証明しています。

映像は何度か見ると飽きますが音は何度聞いても飽きません、むしろ何度でも聞きたいと思うのが人の本能として刻み込まれていると考えられます。

これは音がそれだけ重要な情報であるということを人がこれまでの経験によって知っているからで、これを覚える必要性があったからでしょう。

それだけ音と人は暮らしを共にしてきたという歴史があり、これからも共に暮らしをしていくことは間違いない。

音大で学べること

音大ではその音の活かし方から作り方、利用方法などさまざまな音に関する事を学んでいくことが出来ます。

特に良いのは実際に活用する現場を知ることが出来るところです。

既に経験を積んでさまざまな分野で活躍している現場を知り抜いている人が講師となって実際に活用する方法を教えてくれます。

これがこれからのネット社会を生き抜くための大きな指針となり、助けともなることは間違いありません。

何故かというとこれからは個人が自分の表現で情報発信をしていくことが必要になる時代となるからです。

ネットによる情報発信手段が個々で活用できるようになったことで、音楽などの情報発信は個人レベルで出来ることになりました。

ということは組織でする活動であれどんな活動であれ情報発信手段としてネットを使うことはもう当然のこととなったと考えていいでしょう。

それをどう活用していくのかが問われることになってきているわけです。

実際に今ネットをどう活用して音楽をビジネスに結び付けているのかということを知れば自分ならこうする、こうすればもっと上手く使えるということを考えることが出来るようになります。

何も知らなければどう使っていいのか分からないことも一つの使い方が分かることで、さまざまな利用方法が見えてくることになります。

例えば単に自分が作った音楽を発表する場としてネットを活用することも出来ますが、これを双方向でやりとりすることで、その場でセッションを可能とすることも出来、音をその場で作るという新しいサービスを生み出すことも出来るわけです。

音の表現というのは無限といってもいいでしょうから、これをどのように作り出し、それをアピールしていくのかということも無限といってもいいぐらいの方法があります。

その中でどのようなことが出来て、それがどうした効果があるのかを考えられるようになるには、それなりの経験を積んで知識と経験を積まなければ分かりません。

そうしたものを得ることが出来るのが音大で、単に音を出す技術や知識だけを学ぶということだけではないところが魅力と考えられる。

多様化する音楽についてできることとは?

これからの音楽は多様化していくことが考えられますから、自分の作りたいものや表現したいものを考えるということも音大では出来るようになるでしょう。

多くの人は自分が何を作りたいのかさえ分からないのが最初の状態のはずです。

その状況から世間のさまざまな情報に触れてこれはいいな感じた経験を積み上げていくことで自分の作りたいものが見えてくることになるケースがほとんどです。

つまり、最初から自分の作りたいものが見えている人はまずいなくて、さまざまな情報を得た結果として自分の作りたいものが構築されていくのが人ということになります。

この自分の作りたいものが作れるためには、それなりの技術を習得することも必要になるでしょう。

人は簡単に出来るような単調なものでは満足しなくなりますから、学べば学ぶほどそれなりの深い技術なり知識なりが必要とされます。

音大ではこの必要とされるものの多くを手に入れることが出来るので魅力的且つ必要なわけです。

今の自分にはないものが手に入るわけで、それは学ぼうとしなければ入手出来ないものでもあります。

すでにそうしたものを手に入れている先輩がいるので、効率的にそれを手に入れることが出来るのが魅力と考えてよいでしょう。

 

こちらの記事もよく読まれています

武蔵野音大