商標登録はトラブル回避に有効

商標登録に関するトラブルとして考えられるのは、どんなことでしょうか。

基本的に、商標登録は、その会社の商標を守るためになされることですから、トラブル回避のためのものですね。
つまり、商標登録をしないと、トラブルが起こりうる、ということなんです。

あるサービスを「〇〇〇」と名付けて行っている会社があるとしますね。
この会社は小さな会社で、商標登録などについての知識も浅く、登録をせずにこのサービスを行ってきました。

そして、地道な企業努力が実って、どんどん会社の規模は大きくなり、このサービスも口コミなどで広く世間に知られるようになってきました。

そんなある日、これに目をつけた全く別の会社が、「〇〇〇」という、全く同じ名前の同じサービスを打ち出したんです。

当然、もともとこのサービスをしていた会社は文句を言おうとしましたが、商標登録をしていなかったため、主張する根拠がありません。

こういったトラブルの場合、たとえば、もともと良い口コミばかりだったはずが、別の会社の「〇〇〇」というサービスが劣悪で、全く違う会社の悪い評判とごちゃまぜにされてしまい、結果として評判が落ちてしまった、といったケースも考えられます。

また、もっとひどい場合だと、後からサービスをはじめた会社が「〇〇〇」が商標登録されていないことに目を付け、先に商標登録の出願をしてしまう、ということもあり得ます。

商標登録では、例え実際に使いだしたのが後からだったとしても、出願が早い人が優先されて認可されます。

ですから、この場合、自分たちの実績も「〇〇〇」というサービス名もすべて後から出てきた会社に奪われてしまうと言うことになりかねないのです。

商標登録なんて必要ない、面倒だ、と思っている人も多いと思いますが、このようなトラブルに巻き込まれないため、また、同じ名前の商品やサービスが後から出てきたときに正当な主張ができるように、きちんと登録をしておくことが大切なんです。

 

 

この記事を読んだ人は次のような記事も読んでいます
中国の団体商標登録について