販売管理って、どんな管理をすること?

販売管理は、販売している商品の受注から配送手配、請求や入金等を管理することで、現在では多くがコンピュータ化されたシステムで行われているのが一般的です。

市販の販売管理ソフトを利用するケースのほか、自社専用に開発したシステムを利用しているところもあります。

もちろん、システム化が進んでない会社や商店では、手作業による帳票や帳簿の作成や、エクセル程度の簡易ツールで行っているところもあります。

システム化すると顧客情報や商品の流れが見えやすく、管理が用意になります。

また、システムによって、様々な帳票の自動作成ツールなどが搭載されているので、アナログで行うより、ミスも減り、作業時間も短縮されるはずです。

たとえば、見積書の作成は雛型を使って簡単に作れるほか、作成した履歴が残せ、得意先別に検索したり、過去の見積もり価格を確認したりできます。

受注情報の管理では、受注伝票の作成、ピッキングや配送の予定表などを作成し、プリントアウトを行えます。

また、受注時に在庫と連携できるシステムはより使い勝手がいいです。

売上管理の画面では、見積書や受注伝票と連動させてミスを防げるほか、納品書や売上伝票も簡単に作成できます。

さらに、請求管理画面では取引先に対する請求書の作成や締切処理、売上や入金を集計することができます。

入金管理画面では、請求通りに入金されたかにチェックをかけ、さらに売掛管理画面で入金未済のものと連動させ、売掛金の発生や回収のための得意先元帳を作成でき、管理が容易になります。